切れ長の目を大きくぱっちりとさせる整形について

横にしゅっと長い目は浮世絵など昔の日本の絵画でよく描かれることが多い目です。この横長で細い目は特に平安時代を中心として昔の日本では美人の象徴ともされていたほど人気のある目でした。ですが時代が変わり、現在ではとらえ方が違ってきています。切れ長の目をしている方は、どこか怖い印象を相手に与えたり、冷たいという印象を感じさせることが多いと言われています。そのため、手術することでその印象を変えたいと願う方も多いです。また、横に長い目の方は一般的に一重や奥二重の方が多いと言われています。そこで今回はそのような横に長い目をしている一重や奥二重の方にターゲットを絞って整形による改善方法についてご説明したいと思います。まず改善方法は大きくわけて2種類あります。そのため、まずはその2種類を1つずつご説明していきたいと思います。

二重まぶたを作り出す整形手術について

切れ長の目で一重や奥二重の方におすすめの方法がまずは二重まぶたにすることです。単純に二重まぶたにすることで目の縦方向は長くなります。そのため、元々横に長い切れ長の目をしている方が二重にすることで縦と横の長さのバランスを改善することで、冷たい印象を感じさせないパッチリとした目にすることが出来ます。この手術方法は二重にする手術の中でももっともメジャーな方法でメスを使用して永久的な効果を得ることが出来る切開法と、メスを使わず糸でまぶたを留める埋没法の2種類が大きく分けて存在しています。どちらの方法でも二重を作り出すことは出来ますが費用や永久性が異なりますのでその点で差があると言えます。ただ、どちらも縦幅を長くすることは出来ますので、バランスを改善することが可能です。

まぶたを持ち上げる整形手術について

次にご紹介するのはまぶたを持ち上げる手術で眼瞼下垂と呼ばれる状態の方におすすめの手術方法です。眼瞼下垂とは、まぶたが開きにくい状態の方の目のことをいいます。この症状がある方は目を開いたとしても縦幅がまぶたに隠れてしまい横長に見えてしまいます。そのため、この開きにくくなったまぶたをしっかりと持ち上げてあげることで、まぶたの開きを大きくして目の縦幅を広げてあげます。こうすることで、目の縦幅を大きくすることが出来るため横幅とのバランスも良くなります。この手術はまぶたを持ち上げる手術のため、二重まぶたにするわけではありませんが、目の上がすっきりすることでたるみなどを取り除くことで縦幅が大きくなるためバランスを改善することが可能な手術方法だと言えます。

出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 MAXFACS GINZA CLINICは顔面の骨格を中心とした美容医療のクリニックです。 モニター割引あり。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 安心して施術を受けていただくために、大学病院などの手術室と同じ衛生環境レベルを維持しています。 色気を帯びた切れ長の目に整形するなら