切れ長の目をぱっちりさせる整形方法

日本人に多い一重の目元は、切れ長の目で涼しげな印象です。アジアンビューティーと呼ばれるモデルや女優の中にはこの目をチャームポイントにして活躍していることもありますが、現代の主流はぱっちり二重というのが当たり前になっています。一重の場合は二重にするための接着剤を使ったり、メイクで大きな目に見えるように工夫したりすることができます。しかし、根本的な解決をするためには整形手術を受けるという方法が徐々に受け入れられつつあります。簡単に一重を二重にするといっても、その方法にはいくつかあります。メスを使わない施術からしっかりと二重にできる施術まで、本来の目元の形状と理想の形に合わせてプランを決めます。価格や効果も大きく違うので、カウンセリング時にしっかりチェックして決めましょう。

簡単リーズナブルな埋没法

二重整形の最も手軽な方法と言われるのが埋没法です。メスを使わず、瞼を糸で縫い付けるだけなので、ダウンタイムというはれや赤味が続く時間が少なく、費用も安いのがメリットです、ただし、糸が切れたり外れてしまうこともあり、二重が消えてしまうというリスクもあります。埋没法の中にも「挙筋法」と「瞼板法」という種類があり、それぞれ糸を止める場所によって言い分けられています。また、糸を止める個数にも1つから4つと幅があり、理想の二重の形や瞼の厚さによって最も効果的な方法が選ばれます。糸を結ぶ方法や糸の渡し方などはクリニックによっても様々な工夫がされています。自分に合った施術方法を見極めることは難しいことですが、カウンセリングを十分にし、納得してから行うようにしてください。

しっかりぱっちりできる切開法

切れ長の目をしっかり二重にしたいなら切開法がおすすめです。切れ長なだけではなく、瞼の脂肪が厚い人でもしっかりと二重のラインができるので、埋没法では効果が薄いと感じられる場合に進められる方法でもあります。切開法には部分切開と前切開の2種類があり、作りたい二重のラインいよって、必要な分だけメスを入れていき、縫合します。ダウンタイムは埋没法に比べて長く、腫れも大きくなります。抜針なども必要なため、計画的に施術を行うことが必要です。費用も埋没法の10倍以上かかるのが当たり前ですので、十分に考えてから施術を受けましょう。切開法では幅広の並行二重などまるで外国人のようなしっかりとした二重を半永久的に手に入れることが可能です。リスクと効果を十分理解して実行に移すようにしてください。