目に不満があるなら切れ長の目の整形を考えよう

自分の目を見て、もっと違った形だったらよかったのにと思っていませんか。ぱっちりとした大きな目にしたい人もいますが、そういう人ばかりではありません。切れ長の目に憧れている人もいます。実は、整形でこのような目にすることは可能です。
目を大きくするなら上下だけ変えられるというわけではありません。左右にも変えられます。目尻切開という方法があるからです。その名の通り、目尻を切開します。だから、切れ長になれます。少しクールな印象にもなれるので、今の自分の目を変えたいと思っているのならば、目尻切開を考えてみるのも良いかもしれません。多くの美容外科で受けることができます。切開とは言え、それほど大きく切開するわけではありません。だから、気になる人は前向きに考えてみませんか。

横方向だけではなく上下も広くなる

実は、目尻切開を受けると、目尻に横方向にメスを入れるために、上下の大きさには影響しないような印象があるかもしれませんが、上下にも大きくなります。目尻にメスを入れることで、自然と上下方向も広がるからです。単に切れ長の目にしたいと思って整形を試みたけれど、思った以上の効果が得られてよかったと思うかもしれません。
上下にも広がるので、目尻を多少下げることもできます。目がきつい印象だと思っている人も目尻切開は有効です。ただし、垂れ目とまでは言えませんので、垂れ目にしたいと思ったら他の方法と組み合わせてみてください。目尻切開だけでは対応できないこともありますが、目の印象を大きく変えることは十分にできます。理想的な目にしたい人ならば、目尻切開を頭に入れておきましょう。

医師選びが最も重要なこと

実際に、切れ長の目にするために整形を行おうと思ったら、医師選びにはくれぐれも気を付けてください。目尻切開を行ったことがない医師も少なくありません。まだまだ一般的な方法とは言い切れませんので、慎重に医師を選ばないと思うような効果を得られないかもしれません。
もちろん、経験が豊富で、信頼できる医師がいますから、症例数が多かったり、評判が高い医師を探してみてください。腕の良い医師に頼めば、術後のリスクも少なくて済みます。
目の印象を変えるだけではなく、自分自身の印象を左右しますので、信頼できる医師を見つけてください。通いやすいかどうかだけでは選ばないようにしましょう。事前に、リスクについても調べて頭に入れておけば、手術で失敗することなく理想的な目になるでしょう。